Aetinaが克晟科技と提携し、AIをAVI設備に導入予定
物品の外観欠陥検出の向上に効果的 正確率は9割以上に達する
分享至: / 聯絡我們: Sales , PR

2019年11月28日、台北通信- AIアプリケーションは日常生活の様々な経済活動の中に深く浸透している。中でもインダストリアル4.0は人工知能発展の一大重点であり、それは工業分野において多くの実践がなされている。GPGPUとAIエッジコンピューティング・プラットフォームのサプライヤーであるAetinaはカスタマイズ設備の設計及び製造業者である克晟科技と共に工業生産過程へのAI応用を推進しており、従来生産ラインの中のAVI機器にAIコンピューティングを導入することで、検出正確率を90%以上にまで引き上げ、生産ラインの運転を加速させるだけでなく、人材コストまでも抑えることが可能となる。
Intelligent AVI
▲ Intelligent AVI System
生産過程においてAI研究及び発展を実践してきたのは、品質検査と管理であり、中でも最も汎用されているのは、AVI(Automated Visual Inspection)/AOI(Automated Optical Inspection)等自動光学検査である。従来の自動光学検査専用AVI設備はよく色ズレや高度の落差等要素によって検査結果に影響を及ぼしていたが、克晟科技は豊富なシステム組成および視覚認識応用経験を擁しているため、既有のAVI設備にAetinaのJetson AIコンピューティング・プラットフォームによってAI視覚認識ソフトを導入することで、設備の誤判率を改善することが可能となった。

克晟科技は金属検出、カスタマイズ化設備統合サービスに長けていると同時に、視覚認識ソフトの開発及び優良化に熟知しており、今回のスマートAVI設備の全体的な構造は既有のAVI設備、ハイパフォーマンスAIサーバー、データセンター、視覚認識コンピューティング法によって組成された。AVI設備に搭載されたソフトウェアは、もし欠陥警告が発生した場合、データをAIサーバーに伝送し、そこで再検査を行ない、その結果をデータセンターと設備に転送して、最終的に結果に応じてスタッフに通知するか否かを推論する。

システム全体の中で、ハイパフォーマンスAIサーバーはAetinaのJetson AIコンピューティング・プラットフォームを使用し、Nvidia Jetson TX2にAetinaのキャリアボードACE-N510を搭載して組成され、256個ものCUDAコアと、1.3 TFLOPSのAI推論能力を擁し、AIサーバーに必要な処理パフォーマンスを提供しつつ、極小という特色も兼ね備えているため、既有の工場設備への設置に便利で、気軽にAIグレードアップ・ソリューションが達成できるだけでなく、AIエッジコンピューティング・デバイスの使用にも適している。克晟科技の認識コンピューティング法と合わせると、一度に15台のAVI設備に対応でき、8種類の欠陥を同時に検出することも可能で、既有設備の検出正確率を90%以上にまで引き上げ、煩雑かつ余分な人工再検査を省き、人材コストの削減や生産ラインの効率及び生産量の向上に効果的である。

AIと工業の結合は他の産業に比べても、より大きな機会と潜在市場がある。生産効率と品質を追求する環境の中で、人工知能の応用は極めて大きな利益と生産能力の推進をもたらしてくれる。今後、克晟科技は金属欠陥だけでなく、ノートパソコンやスマホケース外装等の外観欠陥検出にも業務を拡げる予定である。同等な検査水準を維持し、Aetinaと連携して工業生産ラインにAI応用を実践し、視覚認識によって生産品質および検測設備の能力を引き上げ、気軽に既有のシステムや設備をグレードアップさせ、AI導入を容易に、かつ現有の従来産業を活性化させていく。

Aetinaについて|
Aetinaは2012年に台湾にて設立された高性能GPGPUおよびNvidia Jetsonスマートエッジプラットフォーム等組込みソリューションのサプライヤーです。私たちは工業用制御分野に専念し、提供する製品は工業レベルの材料を使用しており、製品およびサービスの長期供給を経営核心としております。また、AetinaはスマートIoTの統合者としても、お客様のためにスマートかつ革新的、そして信頼できる映像処理ソリューションを提供しており、お客様のニーズを満たすだけでなく、その問題の解決にも協力しております。

獲得更多共鳴
Back
Close

Top
ALERT TITLE
Ok