BANNER

世界初の遠隔アウトバンド管理(Out-of-Band Management)及びエッジコンピューティングデバイスを結合したソリューションは、AetinaのJetsonエッジコンピューティングプラットフォームにinnodiskのInnoAGE™ソリッドステートドライブを搭載し、遠隔アウトバンド管理の目標を実現しました。自動でシステムの復元及びバックアップを行うことで、エッジデバイスの修理にかかる膨大な人件コストを低減すると同時に、設備の停止時間も大幅に短縮することができ、エッジデバイスの管理より簡単かつ迅速になりました。

▌世界初の遠隔アウトバンド管理を完備したJetson AIエッジコンピューティングソリューション

世界初の遠隔アウトバンド管理を完備したJetson AIエッジコンピューティングソリューション

小型化と低消費電力というメリットを誇り

AetinaのJetsonエッジコンピューティングプラットフォームは小型化と低消費電力というメリットを誇り、エッジ側のエンベデットデバイスへの応用に適しています。AIエッジコンピューティングの応用は、デバイスを室外に設置しなければならなく、その数も膨大なため、従来のインバンド管理(In-Band Management)を使用すると、大量の人件コストがかかる他、装置の停止時時間もコントロールが難しくなります。

AetinaはJetsonプラットフォームとinnodiskのInnoAGE™ SSDを統合し

今回、AetinaはJetsonプラットフォームとinnodiskのInnoAGE™ SSDを統合し、遠隔アウトバンド管理(Remoted Out-of-Band Management)を実現しました。これは、Azure Sphereのチップを搭載しており、ソリッドステートドライブに独立したエリアを割り出すことが可能です。また、それに独立したシステムをインストールし、Azure Cloudと接続することで、自動で装置のシステムデータをソリッドステートデバイスにバックアップすることができます。エッジデバイスのシステムやソフトウェアの故障、損壊、共にAzure Cloudの管理インターフェイスを用いて指令を送ることで、Azure Sphereを通してエッジデバイスのシステムリセットまたは復元を行うことが可能です。また、クラウドの管理プラットフォームより、エッジデバイスのリアルタイムな状態をモニタリングすることで、管理者は簡単にエッジデバイスの遠隔操作及び膨大な保全を行うことができます。

非常に安全で柔軟性の高い管理プラットフォーム

InnoAGE™の遠隔アウトバンド管理(Remoted Out-of-Band Management)により、人員によるメンテナンスコストと時間を節約することができるだけでなく、データ分析と操作もよりリアルタイムになります。同時に、Azureは世界屈指の情報安全保護を提供しており、AIエッジコンピューティングにより推論した結果を安全にクラウドデータベースに伝送することができ、情報安全のリスクを回避することができます。

お問い合わせ   製品コンサルティング
Back
Close

Top
ALERT TITLE
Ok