産業アプリケーションメニュー

OCR自動欠陥検査におけるケーススタディ

エンベデッドJetson AIエッジコンピューティングプラットフォームがOCR自動欠陥検査のためにパフォーマンスを8倍向上


市場の概況

インダストリー4.0により、コンピュータシステムで稼働する生産ラインまたは組み立てラインに自動化およびスマート化を推進しないものはなく、自動測定において欠陥を検査する高パフォーマンスのマシンビジョンに対する要求もますます高まっています。周知の通り、製品の欠陥は、製品の完全性に脅威を与えたり、パフォーマンスを破壊したりし、負担するコストは膨大なものとなります。

自動化瑕疵檢驗

問題の核心

AetinaのパートナーのVisionatics社は、業界で有名なマシンビジョンの設計会社・イノベーターです。3Dビジョンテクノロジーおよび高速視覚検査ソフトウェアの開発に特化し、マシンビジョンライブラリの先端技術および知識について深く掘り下げた研究を行っています。精度の高いパフォーマンスの開発および動作時間の短縮のため、Visionatics社は、CUDAテクノロジーをベースにした視覚検査デバイスを開発し、そのデバイスにGPUアクセラレーションのエネルギー効率でそのビジュアルアルゴリズムを推進させることを望んでいます。

ソリューション

Aetinaの多元的なエンベデッドJetsonスマートプラットフォームは、NvidiaエンベデッドJetsonシリーズのAIモジュールおよびTK1 SoCに対し、標準化サイズのキャリアボードを提供しているほか、カスタマイズプラットフォームも提供しています。今回、新キャリアボードACE-N621およびJetson TX2スーパーコンピュータモジュールでプラットフォームを構築し、Visonatics社が自社で研究開発を行ったVIVA Vision®-AOIアルゴリズムを統合しています。市場にソフトウェア・ファームウェアを提供し、完全な高速視覚・スマート欠陥検査の良好な開発ソリューションを統合することにより、テキスト識別、パターンマッチング、文字認識、対象分割、バーコード読み取りなどに対応できます。

本アルゴリズムは、256基のNvidia Pascal CUDAコアを搭載したJetson TX2を高度に利用し、強力なCUDA並列コンピューティング能力を駆動させています。そのため、同一のアルゴリズム下のその他のプラットフォームの配置において、AetinaのJetsonスマートプラットフォームは、性能をX86プラットフォームより少なくとも8倍向上させられます。

結論

本設備は、「テキスト識別」においてデモンストレーションに成功しました。非常に速い速度で回転している状況においても、正確に文字バーコードを識別できました。本プランは、高い実用性を備えており、実際に高速で稼働するまたは回転する製品欠陥検査ライン上に複製でき、欠陥部分を正確に認識できます。GPUが駆動する優れたコンピューティングパフォーマンスにより、Aetinaが提供するACE-N621-TX2は、精密製造となり、AOI、OCR、バーコード/二次元コード読み取り、三次元測定、PCB検査、IC封止検査、パネル検査など、高パフォーマンスおよびコンピュートインテンシブなど産業自動化アプリケーションの理想の選択を求めています。



関連製品

Close

Top
ALERT TITLE
Ok