産業アプリケーションメニュー

スマートリテールケーススタディ

工業技術研究院のスマートプッシュ型広告を利用した商業施設ARナビゲーションの創出


市場の概況

科学技術は常に極限に挑戦し、人々の未来の生活に対するスマートなイメージを打破しています。技術が日々成熟する状況において、多くのスマートアプリケーションが順次現実のものになり、スマートシティのブームを盛り上げています。かつて、IoT(モノのインターネット)がクラウドを通してスマートなイメージを実践していました。現在のAIoT(人工知能(AI)とIoTを組み合わせた技術)は、エッジを通じてスマートライフを完璧へと向かわせています。AIに導かれ、人々にとって小売市場が「最もそれらしい」スマートライフの代表になっています。その発展は日増しに盛んになり、オフライン実店舗のより一層のスマートデジタル化により、かつてとははっきりと異なるライフスタイルをもたらしています。


圖片替代文字


問題の核心

エッジコンピューティング技術が成熟するにつれて、多くのAIoTのアプリケーションが次第に成果を見せています。その一例として、工業技術研究院の主導・計画により、大量輸送システム構内の商業施設において、便利で顧客の消費を刺激できるショッピング環境を創出してスマートライフを実践しようとしています。
 

交通システム構内の商業施設は、人であふれ、たくさんの消費者が待ち合わせをしています。しかし、決まった空間計画の下、独自の装飾を施している店舗は数少なく、顧客が目的の店舗または特定の場所を正確に見つけるのが困難であることが少なくありません。加えて、屋内環境では位置情報表示地図を簡単には使用できず、使用したとしても完全性に欠けてしまいます。そのため、工業技術研究院は、屋内測位・ナビゲーションシステムを計画しました。同時に店舗の収益に結びつけるため、位置情報プッシュ型広告プラットフォームを付け加え、より便利で完璧なショッピングエクスペリエンスがもたらされることを期待しました。

 

しかしながら、これらの想像および計画は、アルゴリズムの作成のほか、互いに連携できるハードウェアシステム設備を必要とします。工業技術研究院は、その他のケースの測位・ナビゲーションアプリがスマートフォンを演算キャリアとしており、電力消費が早く、スマートフォンのメモリを圧迫するという負の効果があることに気付きました。アルゴリズムに合わせた演算およびディープラーニングの駆使によって分析を行い、スマートフォンの負担を軽減できるかどうかが工業技術研究院のソリューション追求の選択のポイントとなりました。
 


ソリューション

工業技術研究院およびシステムインテグレーターは、AetinaのJetsonプラットフォームをフォグコンピューティングのコアとし、商業施設内に24台のJetsonプラットフォームを配置しました。効果的に5G Wi-Fiアクセスポイントを接続して電波をくまなく飛ばし、顧客のスマートフォンを5G Wi-FiフォグコンピューティングLANにアクセスさせて正確に屋内位置を測位させました。Jetsonプラットフォームは、工業技術研究院がその他のケースにおける顧客のスマートフォンでの大量の演算、電力の消費およびメモリの大量使用の欠点を改善するサポートを行いました。専用アプリをインストールすることにより、自動的に大部分の作業を5Gフォグコンピューティングにアンロードし、スマートフォンの5G Wi-FiフォグコンピューティングLANへの自動接続を通じてリアルタイムに識別および測位を行います。測位が完了すると、ARナビゲーションサービスを使用できるようになり、スマートフォンのカメラで店舗の看板にピントを合わせると、店舗情報および関連セール情報を取得できます。
 

Aetinaは、低消費電力で小型のAIコンピューティングシステムを提供し、さまざまな異なるキャリアボードを設計してそれぞれのアプリケーションのニーズに対応しました。商業施設において、Jetsonプラットフォームの小型化されたシステム設計およびI/O拡張モジュール対応のために、商業施設の装飾デザイン対応にフレキシビリティが生まれます。
 

結論

Jetsonプラットフォームは、エッジコンピューティングの優れたツールであるだけでなく、フォグコンピューティングの使用にも適しています。分散コンピューティングは、フォグコンピューティングとエッジコンピューティングの最大の違いです。Jetsonは、開発者がフォグコンピューティングを利用して商業施設内における多くの人々がもたらすコンピューティング負荷を克服するサポートを行いました。屋内で複数のフォグノードでコンピューティングエリアを区分し、フォグノードごとにそれぞれ演算した後、Wi-Fiを介して互いに送信しました。GPGPU並列コンピューティングによる高い能力は、商業施設アプリケーションの便利な体験をもたらします。
 

商業施設のスマートアプリケーションは、顧客と公共空間の相互関係を変化させます。顧客のスマートフォンに過度に演算およびストレージの資源を消耗させないという前提の下、より容易に地図および店舗情報を取得することができ、店舗も斬新な位置情報プッシュ型広告プラットフォームを利用して顧客を呼び込むOnline-to-Offline(O2O)の目的を達成します。
 

AetinaのJetsonプラットフォームが工業技術研究院の研究開発エネルギーと結びつき、共同でスマートリテールの発展を推進しました。店舗と消費者のためにウィンウィンの販売体験と購入体験を創造し、O2Oのリンケージに成功して新たな形態のショッピングモデルをもたらしました。
 

効果

  1. 強力なGPGPU並列コンピューティングパフォーマンスが顧客のスマートフォンの演算負荷を軽減し、より高速で正確なユーザーエクスペリエンスをもたらします。
  2. 小型化されたシステム設計により、店舗の装飾のフレキシビリティが増します。
  3. 駆動認証済みのI/O拡張モジュールにより、開発にかかる費用および時間が減少します。

 



関連製品

Close

Top
ALERT TITLE
Ok