産業アプリケーションメニュー

織物業におけるケーススタディ

紡織産業綜合所による検反機スマート化の推進


市場の概況

織物技術の時代において、もはや布はただの布ではなく、科学技術に主導され、グリーンエコロジー、医療資源、電子コンポーネントなどの分野で取り入れられ、機能性および革新性のある布地を創出しています。布は製造から出荷に至る間に厳しい検査を行い、欠陥を取り除いて布地の完全性を確保する必要があります。しかし、検反のプロセスは、なおも人手に頼っており、労働力を必要とするだけでなく、作業員の能力に頼る部分があり、労働力需要が大きく、織物業の生産上のボトルネックとなっています。このようなボトルネックを解消するため、財団法人紡織産業綜合所(以下、「紡織所」と言います。)の製造工程技術開発部は、スマート検反技術の研究開発に注力し、過去のビッグデータを利用してアルゴリズムを作成し、自動検反を行えるソリューションを創出しました。


圖片替代文字


問題の核心

台湾は、世界の織物市場における大きな影響力を持っています。布地技術の研究開発エネルギーは無限であり、製造面においても歩調を合わせるよう努めました。スマート化時代に足を踏み入れ、織物インダストリー4.0を創出し、スマート検反機の研究開発は一刻の猶予も許されませんでした。
 

そのため、紡織所は、スマートプラットフォームを直接既存の検反機に取り付け、装置の研究開発時間の短縮を図りました。また、もとの生産ライン配置を妨げないよう、スマートプラットフォームは小型であることを第一としました。そのほか、市場には非常に多くの種類の布地が出回っています。スマートハードウェアは、スマート検反を将来的に世界中の生産ラインに適用できるよう、高い互換性を備え、フレキシブルに多元的アルゴリズムに対応するシステムであることが求められました。スマートプラットフォームは、マシンビジョンを使用して布の欠陥を検査しまた。標準品の布幅に対応するために同時に5台のCCDカメラを接続して画像収集を行う必要があっただけでなく、検反の反応速度を大幅に向上させて労働力および時間の消費を抑える必要がありました。

 


ソリューション

布の多元的な特性、生産ライン配置の制約、ならびにマシンビジョンおよびマルチI/Oを通じた多元的なサポートニーズに合わせるため、紡織所は、AetinaのJetsonプラットフォームをソリューションとし、駆動準備の整ったアルゴリズムで検反を行いました。
 

Jetsonプラットフォームに外部接続するCCDカメラモジュールは、最大6台まで接続でき、標準品の布幅に対応できます。キャリアボードの豊富なI/Oコネクタにより、研究開発時間の制約および装置規格の不変という状況にあって、検反機のスマート化を成功させました。装置が稼働すると同時に布の欠陥を検査し、かつて人手に頼って長い時間を要していた検査プロセスに取って代わりました。
 

結論

Jetsonスマートプラットフォームの高いGPUコンピューティング能力により、布画像に素早くアクセスし、目の前の欠陥を解決できるだけでなく、布の生産品質を管理できるようバックエンドにおいて紡織所のデータとして整理できます。Aetinaのキャリアボードは、紡織所の多元的なI/Oニーズを満たし、紡織所が設計するシステムを既存の検反機に完全に組み合わせられ、スマート機能を追加すると同時に、それぞれの織物工場のインダストリー4.0を推進できます。
 

効果

  1. AetinaのI/Oの多元的なキャリアボードによって研究開発にかかる時間および費用が減少
  2. 小型モジュール設計によって生産ライン配置の制約を克服
  3. フレキシブルなスマートシステムアプリケーションと布の雑多な特性と完全に結合
  4. スマートプラットフォームがスマート化機器を誕生させ、インダストリー4.0を推進

 



関連製品

Close

Top
ALERT TITLE
Ok