自動ファブリック欠陥検出

自動ファブリック欠陥検出

ソリューションコンサルティング

従来、生地の良品率を維持するための欠陥検査は人員による人工検査でしたが、昨今、雑多な種類があり精密性がどんどん高くなっている科学技術生地の検査には対応しきれなくなっています。そのボトルネックを解消するため、織物産業総合研究所(Taiwan Textile Research Institute, TTRI)はAetina組み込み型AIエッジコンピューティングプラットフォーム(AN622-TX2)及び過去に蓄積した膨大な生地のビックデータを研究開発のベースとして用いて、高速且つ精確なAI自動化生地・布類の欠陥検査システムを開発しました。

生地・布類自動検査ソリューションはAetina Jetsonプラットフォーム、Millitronic(巽晨)5G WiGigモジュール、織物所の生地・布類検査演算法及び欠陥管理ソフトウェアにより構築されており、組み込み型Jetsonプラットフォーム:AN622-TX2ボードに搭載されている豊富なI/Oと各I/Oを支援する拡張メリットをにより、従来式検査機に取って代わりこのソリューションを瞬時に導入することが可能となっています。また、5G WiGigモジュールを利用し、工場内に60GHzの伝達インターネットを構築することができ、装置間及び装置と中央管理センター間の高速通信及びリアルタイム管理を実現しました。同時に、織物所の演算法はAIディープラーニングの特徴を利用し、演算法とソフトウェアは常に学習とアップデートを維持することができ、生地・布類及び雑多な欠陥種類の検査における困難を克服しました。

また、Aetina Jetsonプラットフォームの強大なGPU並列コンピューティングは、欠陥の画像をリアルタイムで演算し、その情報をエンドサイドの欠陥管理ソフトウェアに伝送し統合することができるため、織物所はこれらのデータを生地・布類等織物プロセスの改善や新種の生地の研究開発に利用することで、織物産業をより精密且つ技術の詰まったスマート産業へと推し進めています。


プログラムの特徴

flexible deployment labeling software remote management
柔軟な導入 欠陥検出ソフトウェア 複数のカメラ
ユーザーフレンドリーでセットアップが簡単 AI深層学習モデルのトレーニング 複数のカメラモジュールをサポート

ソリューションのアーキテクチャ

automated textile inspection

ソリューション構築

Aetina Jetsonキャリアボード : ACE-N622
Aetina Jetson Carrier ACE-N622 • 検証済みの周辺I / Oモジュールをサポートし、拡張を簡単かつ迅速に
• HDMI 1セット、CANバス2セット、GPIO 4セット、RS232 1セット、I2C 1セット、フルミニカードスロット2セットを装備
• 幅広い温度技術をサポート -20°C に 70°C
ハードウェア周辺   ソフトウェアとアルゴリズム
Edge Computing Module 計算モジュール : NVIDIA Jetson TX2   LIPS Facial Recognition アルゴリズム : TTRI自動布検査アルゴリズム
3D camera 画像検出モジュール : 産業用カメラ   software ソフトウェア : TTRI欠陥検出ソフトウェア
capture card Millitronic WiGigモジュール   monitor エッジエンドデータベース

ACE-N622 I/Oシリアル接続
ACE-N622 for automated textile inspection

ソリューションのカスタマイズ


AIoTエコシステムパートナーの推奨事項

ソフトウェアとアルゴリズム
Innodisk

TTRI自動布検査アルゴリズム

• 欠陥の種類は次のとおりです。ワイヤーの破損、緯糸の収縮、経糸の破損、糸の飛び、打痕、緯糸の欠落、経糸の欠け、汚れ
• 自動ファブリック欠陥検出の推論精度は90%以上に達する可能性があります
ハードウェア周辺
Millitronic

Millitronic WiGigモジュール

• 高度な60GHzギガビット配信ネットワーク製品
• エッジツールとクラウドツールによって実現される多用途で高速な導入
Close

Top
ALERT TITLE
Ok